〒650-0004 兵庫県神戸市中央区中山手通2−24−1

MENU

入れ歯

Denture

入れ歯|元町駅トアロード沿いの歯医者さん|神戸北野Nデンタルクリニック

Denture

入れ歯

入れ歯とは、様々な理由で歯がなくなってしまった場合の治療方法です。残っている歯があり、それを土台にする場合は部分入れ歯、すべての歯がない場合は総入れ歯による治療を適用します。 入れ歯は、種類によっては金属のバネが見えてしまう、入れ歯が落ちやすい・動きやすい、装着すると違和感がある、話にくいなどの問題が起こることがあります。これらの問題が起きないよう、お口の中の状態を正確に診断し、医師と相談をしながら適切な入れ歯を選び、定期的なメンテナンスを受けることが大切です。

保険診療の入れ歯

レジン床義歯

レジン床義歯

プラスチックの一つであるレジンで土台を作ります。保険診療のため治療費が安く、適用範囲は広くほとんどの症例に使用することが出来ます。デメリットは、部分入れ歯の場合には、入れ歯を支える金具が目立ってしまうこと、総入れ歯の場合には口に中を覆うような大きいものになるため、違和感が強く出たりします。 また、しばらく使用すると割れたり落ちやすくなるため、定期的な調整が必要となります。

保険外診療の入れ歯

保険外診療の入れ歯は、費用は高額になりますが強度を強く出来たり、見た目が自然で装着時の違和感を少なくすることができます。

ゴールド床入れ歯

ゴールド床入れ歯

金で土台(床)を作ります。費用は比較的高額になりますが、金属アレルギーや体への影響は少なく、腐食や変色は起こりません。

チタン床義歯

チタン床義歯

チタンで土台(床)を作ります。チタンは体の中に埋め込むことが出来るほど安全性の高い金属で、安心して長く使用できます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

柔らかい樹脂で作られており、薄く軽く弾力感があるため装着時の違和感が少ないことが特徴です。金属を使わないので見た目も比較的改善することが出来、金属アレルギーの心配はありません。しかし、特殊な素材を使うため合わなくなった時の調整が難しくなります。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャー

本来総入れ歯は支えがないため、落ちやすい・動きやすい・噛みにくいといったデメリットがあります。この治療法は、数本のインプラントを土台として使用し入れ歯を固定してしまうので、上記のデメリットを補えることが出来ます。